コラム

違うんです!行政書士と司法書士の仕事・収入等違いを徹底解説!

 

「行政書士と司法書士って何が違うの?」

「行政書士って登記ができるんだよね?」

僕は都内で行政書士をやっていますが、こんな質問や間違いを、しょっちゅう耳にします。

まぁ確かに名前も似ているし、詳しくない方すると、どっちがどっちだか分からないというのは納得です。僕も以前は全く知りませんでした。

そこで今回この記事では、行政書士と司法書士の違いがいまいち分からない方に向けて、その違いを仕事内容や収入、資格難易度等まで徹底的に解説していきます。

もしあなたが以下のどれか当てはまれば、この記事が参考になります

●行政書士と司法書士の違いが気になってもやもやする

●身近に行政書士(司法書士)がいるが、何を依頼できるのか分からない

●資格取得を目指そうと思っているが、行政書士と司法書士どちらを目指そうか迷っている

●将来、どちらかで独立開業を目指している

行政書士と司法書士の違い

それではまず初めに、行政書士と司法書士とはどのような職業なのか、おおまかに紹介していきます。

行政書士とは

行政書士

行政書士は、行政書士法に基づく国家資格者です。

行政書士は、他人の依頼を受けて報酬を得て、役所に提出する許認可等の申請書類の作成と提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明と契約書の作成を行います。

要するに行政書士とは、お客様に代わって役所(警察署、消防署、県庁など)に許認可の申請をする、許認可申請のプロ」です。

また、権利義務・事実証明に関する書類の作成も行います。

権利義務・事実証明に関する書類とは、例えば、各種契約書や示談書となどの書類を指します。

そして行政書士は、各契約書や示談書などといった書類を作成し、報酬をもらうことができます。

司法書士とは

【司法書士】

司法書士とは、司法書士法に基づく国家資格者です。

司法書士は、他人の依頼を受け報酬を得て、裁判所や検察庁、法務局に提出する書類を作成や、登記手続について本人を代理します。

また、法務大臣の認定を受けた司法書士は、簡易裁判所が管轄する民事事件を、本人を代理して行います。

行政書士は役所に提出する許認可などの書類の作成や申請がメインだったのに対し、司法書士は、裁判所や検察庁、法務局に提出する書類作成や、登記手続きを行います。

また、簡易裁判所で行われる少額の裁判であれば(訴訟の目的となる物の価額が140万円を超えない請求事件)、代理人として業務を行う事ができます。

司法書士が行う事ができる上記の業務(各種登記申請や簡易裁判所での訴訟)に関しては、行政書士は他人から報酬を受けて行うことは認められていません。その逆も然りです。

行政書士と司法書士は名前は似ていますが、それぞれが異なる法律・制度によって定められている、異なる職業なのです。

行政書士と司法書士の仕事内容の違い

さて、行政書士と司法書士は異なる法律によって定められている職業だとはわかりましたが、具体的にそれぞれどんな仕事をしているのでしょうか。

まずは行政書士の仕事から見ていきます。

行政書士の仕事

行政書士は役所に提出する許可申請などの書類から、契約書や遺言書の作成等、多岐にわたる業務を取り扱うことができますが、多くの行政書士が扱っている仕事を以下に何点かピックアップしました。

建設業の許可申請

行政書士は依頼を受けて、建設業許可申請書類の作成、添付書類の収集、役所との打合わせなどを行います。また、書類の代理提出を行うことも出来ます。

許認可申請に関しては、風営法関係や運輸関係など、他にも多くのポピュラーな業務がありますが、建設業の許可申請は行政書士業務の中でも花形であり、多くの行政書士が参入しています。

自動車登録

車庫証明書の作成から申請、自動車登録申請、自動車重量税申告など自動車登録に関する一連の申請手続きを行います。

自動車の名義変更の際に陸運局に行ったとき、「代書」という看板を見かけたりしませんか?あれが行政書士事務所です。

ちなみに僕は開業当時、車庫証明書の作成・提出代行をメイン業務として行っていました。

外国人の在留資格(ビザ)の申請

日本にいる外国人の在留資格の書類作成と申請代行、また、永住許可や国際結婚など、在留外国人へのサポートを総合的に行う事ができます。

現在、在留外国人の数は右肩上がりに増え続けており、新人をはじめ多くの行政書士が参入している業務です。

各種契約書の作成

交通事故に関する手続や、土地、建物等の賃貸借、また金銭の消費貸借等の各種契約書類の作成を行い。

トラブルが起きる前の、予防法務の専門家として活躍している行政書士も多くいます。

 

行政書士についてもっと詳しいことが知りたい方は、以下の記事に分かりやすくまとめてありますので、よろしければ参考にしてください。

行政書士とは?その全貌を現役行政書士が徹底解説!行政書士とは?その全貌を現役行政書士が徹底解説します。少しでも行政書士という職業に興味のある方、必見です!...

司法書士の仕事

以下、司法書士が扱うメインの仕事について紹介します。

土地や建物の登記

不動産の売買や、親が亡くなって不動産を相続した時の所有権移転の登記申請や、住所や氏名が変わったときの住所氏名の変更登記、または抵当権設定の登記申請、などを行います。

不動産を購入したことのある方や、相続したことがある方は、一度は司法書士にお願いしたことがあるのではないでしょうか。

各種法人の登記に関する業務

会社や各種法人の設立手続きや、役員の変更登記など、商業登記申請を行うことができます。

商業・法人登記制度

会社等の信用の維持や、商取引の安全性を確保するために、会社等に関する取引上重要な事項(商号・名称、本店所在地、資本金の額等)を法務局に備えられた登記記録に記録し、広く国民に公示する制度

債務整理に関する業務

債務整理とは、例えば何社もの消費者金融やクレジット・カード会社から借金をして、その返済ができなくなった方を対象に、これらの会社との個別交渉や裁判所への法的な手続を通じて借金の返済の負担を軽減し、経済的に立ち直るのを手助けする業務です。

良くテレビやラジオのCMで耳にする「過払い金の返還請求」もこの債務整理に関する業務です。

利息を多く払い過ぎていたときに、裁判手続及び裁判外の交渉を通じて、払いすぎた金額の返還請求を行います。

簡易裁判所で行われる訴訟

法務大臣の認定を受けた司法書士は、簡易裁判所において取り扱うことができる民事事件(訴訟の目的となる物の価額が140万円を超えない請求事件)等について、当事者の代理人となって業務を行うことができます。

この業務では、簡易裁判所での訴訟、和解の手続き、和解調停手続きなどを行います。

分かりにくいそれぞれの業際(ぎょうさい)

行政書士と司法書士のできることを紹介していくにあたり、業際問題にもちょっと触れておきます。

例えば、会社設立に関する業務です。

行政書士にも会社設立に関する業務を行っている方もいますし、司法書士の方でも会社登記を専門に行っている方もいます。

しかし、この会社設立の業務には以下のような注意点があります。

行政書士は、会社のルールである定款の作成や、その定款の認証に関する業務を行う事ができます。

事実証明に関する書類の作成は、行政書士が行う事の出来る業務だからです。

しかし、株式会社の登記申請に関する書類の作成や、登記申請自体を行うことはできません。

なぜなら、商業登記申請は司法書士の独占業務だからです。

このように、依頼者側からすると完全にどうでもいいことではありますが、行政書士と司法書士の職務内容で、わかりずらい業際があるのです。(相続業務などにも業際問題はあります)

一般の方であれば、このような違いを理解する必要はまずありませんが、もし将来実務者になりたいのであれば、このような違いは確実に理解しておく必要があります。

行政書士なのにうっかり登記もしてしまって、司法書士法違反で逮捕されたらシャレにならないですからね。

行政書士と司法書士の資格難易度の違い

これまで、行政書士と司法書士の定義や仕事内容の違い等についてみていきましたが、ここでは、それぞれの資格試験の難易度の違いについて詳しく見てきます。

先にネタバレすると、司法書士試験のほうが圧倒的に難しいです。

行政書士試験の合格率と難易度

それではまず過去5年の行政書士試験の合格率の推移を見てみましょう。

年度 受験者数 合格者数 合格率
平成26年度 48,869 4,043 8.27 %
平成27年度 44,366 5,820 13.12 %
平成28年度 41,053 4,084 9.95 %
平成29年度 40,449 6,360 15.7 %
平成30年度 39,105 4,968 12.7 %

平成26年度~30年度の直近5年の平均合格率は約11.95%と上昇傾向にあります。

ちなみに僕が受験して合格した年は平成27年度になりますので、合格率は13.12%と2番目に合格率が高い年でした。

行政書士試験ですが、近年は合格率が上昇しています。

ですが、行政書士は法律系資格の登竜門ともいわれている国家資格ですので、決して簡単ではなく、法律初学者の方にすれば難易度はかなり高いです。

僕は独学で一年かけて合格しましたが、試験勉強に相当な時間をかけました。

もし僕の独学1年間で合格するまでの軌跡が気になる方は、以下のリンクよりどうぞ。

examination
【現役行政書士が語る】行政書士試験に独学で1発合格するまで行政書士試験に独学で合格は可能?そんな疑問に答えます。本記事では、実際に僕が行政書士試験を独学で1発合格するまでの軌跡を書いています。行政書士試験に独学で1発合格したい方必見です。 ...

司法書士試験の合格率と難易度

今度は、過去5年の司法書士試験の合格率の推移を見てみましょう。

年度 受験者数 合格者数 合格率
平成26年度 20,130 759 3.77%
平成27年度 17,920 707 3.95%
平成28年度 16,725 660 3.95%
平成29年度 15,440 629 4.07%
平成30年度 14,387 621 4.32%

司法書士試験、合格率めちゃめちゃ低いです。

しかも、司法書士試験は、既定の合格点を満たす人が全員合格となる「絶対評価」ではなく、成績上位だった受験者の一部を合格とする「相対評価」です。

例えば、絶対評価である行政書士試験は、合格点である180点を取れば全員合格となりますが、司法書士試験では、基準点を超えた人の中から、相対評価で合格点が算出されて合格者が決まります。

更に巷では、司法書士試験合格に必要な勉強時間は3000時間以上とも言われています。

その点で考えても、行政書士試験と比較にならないほど司法書士試験は難しいです。

行政書士と司法書士の収入の違い

ここでは、行政書士と司法書士の年収をそれぞれ見ていきましょう。

行政書士の年収

行政書士の平均年収を調べてみると、約600万円という記事が多く出てきます。そしてこの数字は、自ら開業している行政書士の平均年収だと思われます。

600万円という数字は、日本全体の平均年収約420万円と比べても比較的高い数字です。

しかし、行政書士の平均年収は実際、一部の年収が高い人たちが押し上げており、年収が500万円以下の人達が約8割もいるそうです。

また、どこかの事務所に勤務している行政書士の場合、年収は推定300万円前後でしょう。

ここで紹介している年収はあくまでも「平均」ですので、開業している行政書士(司法書士)であれば、努力次第で年収は青天井ですし、その逆も然りです。

司法書士の年収

司法書士の年収も、行政書士と同じく平均600万円程です。

また、勤務司法書書士となると、年収約300万円~400万円といったところです。

勤務司法書士の場合、例えば年収を1000万円以上にするなど、年収を大きく上げるのは難しいです。

しかし、行政書士の場合と同じく、開業している司法書士は努力次第で大きく収入を上げることは可能です。

 

士業は開業する方が多く、年収に関して一概に論ずるのは難しいですが、データを見ている限り、行政書士と司法書士の年収は平均で言うと大して変わらないと思います。

行政書士と司法書士の資格のコスパを検討

上記では行政書士と司法書士の違いを色々な角度からそれぞれ見ていきましたが、もしあなたがどちらかの資格を”今から”目指そうとしているのであれば、僕は間違いなく行政書士の資格を取ることをお勧めします。

理由は、僕が行政書士だからではありません。そんなバイアスを抜きにしても、行政書士の資格はコスパがいいと思うからです。

上では資格難易度や平均年収についてみていきましたが、資格の難易度では司法書士試験が圧倒的に難しく、平均年収的には(特に勤務型の場合)行政書士と司法書士はそこまで大きな差はありません。

そしてその知名度にも大差はないと思います。

しかも、実際資格取得後に開業するとなると、行政書士と司法書士どちらもリスクは伴いますし、どちらも0からスタートさせなければなりません。

そう考えていくと、資格取得に何年もの勉強が必要な司法書士ではなく、短期間で行政書士の資格を取得し、早く独立して起業経験を積む方が、人生ショートカットできるのではないかと思うのです。

 

しかしそうは言っても、「実際司法書士の方が稼いでる割合が多い」や、「司法書士の方が資格のステータスが高い」という反論があるかもしれません。

確かにそれらの主張も、あらかた間違いではないと思います。

ですが、一般の方からすると、行政書士と司法書士の違いや、それぞれの資格難易度なんて全くどうでもいい話で、資格のステータスを気にしているのは、あくまでも一部の国家資格ホルダーや一部の資格マニアに限られると思います。

また、稼げるか稼げないかは資格の問題ではなく、資格取得後の個々人の営業努力の賜物です。

稼げる人は、どのような資格でも、もっと言えば資格なんて持っていなくても稼げるのです。

結果、行政書士は司法書士と比べ圧倒的に取得しやすい国家資格でありながら、それなりに国家資格者としての知名度もあり、開業すれば高収入を目指せるということで、相対的に行政書士の方がコスパが高いと言えます。

 

以下には、実際僕が行った行政書士の独学勉強法や、行政書士通信講座の解説記事を貼っておきますので、行政書士試験に興味のある方は読んでみてください。

猛勉強
【行政書士の独学勉強法決定版】試験に一発合格した勉強法教えます行政書士試験の勉強法について、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?本記事では、実際に僕が行政書士試験を独学で一発合格を果たした勉強法を書きました。合格に必要な勉強法を模索中の方、必見です。...
行政書士オススメ通信講座
行政書士が選ぶオススメ14社!行政書士の通信講座【2020年版】 「行政書士の講座ってたくさんあって、どれを選べばいいか分からない」 「巷にあふれる通信講座ランキングは本当にあてになる...

まとめ

これまで行政書士と司法書士の違いを延々と述べてきましたが、以下にその違いをまとめました。

●行政書士と司法書士はそれぞれが異なる法律・制度によって定められている、異なる職業

行政書士は役所(警察署、消防署、県庁など)に提出する書類を作成。司法書士は裁判所、検察庁、法務局に提出する書類を作成。

資格難易度は司法書士の方が圧倒的に難しい

平均収入は大差なし

資格のコスパは行政書士が上

この記事を読んで、行政書士と司法書士の違いが前より理解できましたか?

キャリアに迷っている方や、新たに資格取得にチャレンジされる方など、この記事が参考になれば幸いです。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください